コーヒーを飲んだ後のおすすめ口臭対策方法!

コーヒーを飲んだ後のおすすめ口臭対策方法!

1日に何杯くらいコーヒーを飲みますか?

  • 朝の目覚めの1杯
  • 昼食後の1杯
  • 仕事で一息いれる時の1杯
  • 眠気覚ましの1杯
  • 打ち合わせをしながらの1杯

眠気覚ましやリラックス効果があるので、ついつい何杯も飲んでしまう人も多いと思います。

でもコーヒーを飲んだ後って口臭が気になりませんか?

そうなんです、実際にコーヒーを飲んだ後は独特なニオイの口臭になってなっているんです。

他人がコーヒーを飲んだ後に話かけられると独特な口臭がして、「私もこんな臭いになってるの?」と不安になることもあると思います。

このページではコーヒーを飲んだ後の口臭の原因から対策方法まで詳しく紹介しています。コーヒーをたくさん飲むから口臭が気になるという人はぜひチェックしてみて下さい。

コーヒーを飲んだ後に口臭がキツくなる4つの原因

コーヒー

コーヒーには口臭をきつくさせる要因が大きく以下の4点あります。

1.コーヒー豆の微粒子による口臭

コーヒーにはコーヒー豆の細かな微粒子がたくさん含まれています。この微粒子が舌の表面に付着することで口臭がきつくなってしまいます。

コーヒーを飲んだ後の独特な臭いはこの微粒子が原因になっていることが多いんです。

またミルク砂糖を入れる人はこれらの成分も舌の表面に付着したり、砂糖が細菌のエサになったりするのでより口臭がきつくなってしまいます。

口臭のことを考えるとブラックで飲む方がおすすめです。

2.コーヒーの利尿作用による口臭

コーヒーを飲むとトイレが近くなりませんか?

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。利尿作用は体内の水分を奪ってしまうので、口内の唾液の分泌量も減少させてしまいます。

唾液には口内の細菌の繁殖を抑えて清潔に保つ働きがある為、この唾液が減ると口内の細菌が増えて口臭もきつくなってしまいます。コーヒーを飲んだ後に口の中が乾いたりネバつく症状がある場合は要注意です。

3.歯茎の血流悪化による口臭

コーヒーに含まれるカフェインは血液の流れを悪くする働きがあります。これにより歯茎の血流も悪くなってしまい、虫歯菌や歯周病菌などに対抗する力が弱まってしまいます。

これにより口内に細菌が繁殖しやすい環境になってしまい、口臭がきつくなってしまいます。

4.胃の荒れによる口臭

コーヒーに含まれるカフェインには胃液の分泌を促す働きがあります。

食後にコーヒーを飲むと胃液が分泌されて食べ物の消化を助けることになるのですが、空腹時にコーヒーを飲むとカフェインによって分泌された胃液が胃の荒れを招いてしまいます。

胃が荒れると胃の働きが低下して、消化不良を引き起こし口臭の原因になってしまいます。胃の不調による口臭は「卵の腐った臭い」「ドブの臭い」に例えられるくらい強烈なニオイなので注意しましょう。

胃の荒れが原因の口臭については「胃の臭いが原因の口臭をスッキリ消す方法とは?」で詳しく紹介していますので参照して下さい。

胃がもともと弱い体質の人は特に空腹時のコーヒーには気をつけましょう。

コーヒーを飲んでも口臭がキツくならない為の3つの対策方法

ここからはコーヒーを飲んでも口臭がキツくならないようにする為の3つの対策方法を紹介します。

1.水を飲みながらコーヒーを飲む

コップに入った水

水を飲みながらコーヒーを飲むことで、以下の2つのポイントから口臭を抑えることができます。

  • 1.利尿作用によって奪われた水分を補給する
  • 2.舌の表面に付着したコーヒーの微粒子を洗い流す

私もコーヒーを1日に4~5杯飲むのですが、水を飲みながらコーヒーを飲むことであの独特な口臭をかなり改善することができました。

特に勉強をしながらや、仕事をしながら何杯も飲むような人はペットボトルの水を一緒に机に置いておくと良いでしょう。

注意点

砂糖が入っているジュースは虫歯の原因になり、口臭もきつくなるのでNGです。

また緑茶などのお茶系はコーヒーと同じくカフェインが含まれているので飲みすぎると、コーヒーと同じ原因で口臭がきつくなってしまいます。

やはりコーヒーの口臭対策には水が1番適しています。

2.コーヒーを飲んだら歯を磨く

歯ブラシ

歯磨きはコーヒーを飲んだ後の口臭対策にも効果抜群です。

歯磨きをすることで口内に付着したコーヒーの粒子をしっかりと除去することができますし、唾液の減少や歯茎の血流悪化などによって口内に増えた細菌も除去することができます。これにより口臭もしっかりと抑えることができます。

また、より効果的に口臭を抑えるなら歯磨き粉選びも重要なポイントです。口臭予防効果のある歯磨き粉を使うことで口臭をしっかりと長く抑えることができます。

当サイトでは10種類以上の口臭予防効果のある歯磨き粉を使用して効果を比較しています。

⇒口臭予防におすすめの歯磨き粉ランキング!

歯磨きでしっかりと口臭を抑えたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

舌専用クリーナーもおすすめです!

舌の表面に付着したコーヒーの微粒子を除去するには水ですすぐのも効果的なのですが、よりしっかりと除去するには舌専用のクリーナーを使うと良いでしょう。

舌専用のクリーナーはドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。値段も400〜500円くらいからあるので1つもっておくと良いですね。

たまに歯ブラシで舌の表面をゴシゴシ擦っている人をみますがあれは舌を傷つけてしまう可能性が高いので良くありません。

舌の表面を無理やり掃除すると、舌表面にある味を感じる細胞「味蕾」を傷つけてしまうかもしれませんので注意して下さい。

3.ガムを噛む

ガム

ガムを噛むと、顎を動かすので唾液の分泌を促すことができます。だから利尿作用によって減少した唾液の分泌量を取り戻すことができます。

この効果によって口臭を抑えることができます。

ただしガムは砂糖の含まれていないものを選びましょう。キシリトールなどが含まれているとなお良いでしょう。

コーヒーによる口臭のまとめ

コーヒーは口臭の原因になってしまいますが、このページで紹介したように「水を飲む」「ガムを噛む」など簡単な対策方法で口臭を抑えることができます。

口臭の原因になるからといってコーヒーを飲むのを止めるのではなく上手に付き合っていきましょう。

また最近では、コーヒーが肝臓がんのような特定のがん予防に効果があるかもしれないということがわかってきたそうです。もし本当だとしたらぜひともコーヒーを飲む習慣を続けていきたいですね。

このページの先頭へ