にんにくの翌日の口臭をしっかり消す5つの口臭対策!

にんにくの翌日の口臭をしっかり消す5つの口臭対策!

にんにくが入っている料理ってとっても美味しいですよね。そしてついつい食欲がそそられて食べ過ぎてしまうことも多いと思います。でもにんにくを食べた後に「やばい!明日の口臭どうしよう、、、大事な用事があったんだった!」と焦ってしまった経験はありませんか?

このページではそんな時におすすめの5つの口臭対策方法を紹介しています。

にんにくを食べた後の口臭は体の中から発されるニオイなのでいくら歯磨きを行っても臭い口臭を抑えることができません。だからにんにくを食べた後の口臭を消すには体の中から臭いを抑える対策を行うことが重要なポイントになります。

にんにくを食べ過ぎてしまって「明日の口臭がヤバい!」という人はぜひ最後までチェックしてみて下さい。手軽に行える対策方法からしっかりと臭いを消す対策方法まで紹介していますのであなたにピッタリのにんにくの口臭対策方法が見つかると思います。

要注意!にんにくを食べた後の口臭は食後16時間は消えません。

時計

まず初めに重要なポイントを1つ紹介します。それはにんにくを食べた後は約16時間もの間、口臭が消えないんです。例えば夜8時に夕食でにんにくを食べたら翌日の正午(12時)まであの嫌な口臭が臭っているということなんですね。

なぜそんなに長時間口臭が消えないのかというと、にんにくの口臭は口の中から臭っているのではなく体の中から臭っているからなんです。

にんにくには口臭の原因になる悪臭成分(アリシン)が含まれていて、この悪臭成分が体内に吸収され、血液を介して肺にまで運ばれてくると口臭として体の外へ排出されます。この体内に吸収された悪臭成分が全て体の外へ排出されるまで口臭が消えないということになります。だからにんにくを食べた後の口臭は約16時間も消えないんですね。

にんにくは細かくなるほど臭いがキツくなります!

にんにくはもともと調理をしていない状態だと無臭なんです。ところがにんにくを切ったりすりおろしたり細胞が傷つけられると、にんにくに含まれている無臭の「アリイン」が強い臭いがある「アリシン」という成分に分解されます。この「アリシン」があの嫌な口臭の原因になります。

つまりにんにくは細かくなればなるほど口臭の原因になる悪臭成分「アリシン」がたくさん発生してしまいます。だからとっても小さくなってしまったすりおろしにんにくを食べた後などはかなり強烈な口臭になってしまうということなんですね。

にんにくを食べた翌日の口臭を消す5つの口臭対策!

ここからは、にんにくを食べた後(食べる前)に翌日の口臭を消す5つのおすすめ口臭対策方法を紹介していきたいと思います。

1.牛乳を飲む

牛乳

にんにくを食べたらできるだけ早く牛乳を飲みましょう。牛乳に含まれているタンパク質はアリシンと結合して臭い成分を包み込んでくれます。これにより口臭を抑えることができます。

また牛乳は食前に飲むとさらに効果的です。食前に飲んでおくことでより一層アリシンを包み込むことができるので、翌日の口臭をしっかりと抑えることができます。

2.りんごを食べる

りんご

にんにくを食べた後はデザートにりんごを食べましょう。りんごには消臭効果のあるポリフェノールが豊富に含まれており、アリシンの臭いを抑えることができるからです。

このポリフェノールという成分はりんごの皮の部分にたくさん含まれているので、皮も一緒に食べるとより高い効果が期待できます。

またりんご以外にもポリフェノールが豊富に含まれている食品があります。

  • パセリ
  • ほうれん草
  • ごぼう
  • チョコレート
  • ブルーベリー

これらの食品をりんごの代わりに食べることでもにんにくの口臭を抑えることができます。

3.お茶を飲む

緑茶

にんにくを食べた後はお茶を飲みましょう。お茶には「カテキン」「タンニン」という強力な消臭成分が含まれています。この消臭成分の働きによってにんにくの口臭を抑えることができます。

お茶の中でもにんにくの口臭対策には緑茶がおすすめですが、ウーロン茶、マテ茶、ジャスミンティーなども高い効果が期待できます。

また「タンニン」はコーヒーや紅茶にも含まれているので、お茶が飲めない状況の場合はコーヒーなどで代用しても良いでしょう。

注意!飲食物の口臭予防効果があるのは食後約1時間までです。

ここまで1〜3で紹介してきた口臭対策は食後約1時間までしか有効ではありません。なぜなら1時間以上経ってしまうと臭い成分アリシンは体内に吸収されてしまうからなんです。だから食後1時間以内に体内にアリシンが吸収される前までに牛乳やりんごやお茶を飲まなければ(食べなければ)翌日の口臭を抑える効果が無いということなんです。

「この料理はにんにくが入ってるな、、、」「これから行くお店はにんにく料理が出てきそうだな、、、」という場合は食後すぐに口臭対策ができるように考えておきましょう。

4.汗をかく

運動の後で汗をかいている女性

にんにくを食べた後に運動やお風呂などで汗をかくことにより翌日の口臭を消すことができます。

運動をして汗をかくことで血液中に取り込まれたアリシンが汗と一緒にに毛穴から出ていきます。これによって口臭として出て行くアリシンの量が減るので口臭を抑えることができます。

効果的に汗をかくなら以下のような方法がおすすめです。

  • 運動をする
  • 風呂に入る
  • サウナ

運動は激しいものよりも、ジョギングやウォーキングなどの適度なものが良いでしょう。またお風呂は半身浴を長めに行うことで、汗をたくさんかくことができます。

私もにんにくをたくさん食べてしまった時は半身浴で汗をたくさんかくようにしています。40度くらいのお湯で30分くらい半身浴するとかなり汗が出ます。そうすることで翌日の口臭をかなり抑えることができています。

5.口臭サプリメントを飲む

口臭サプリメント

口臭サプリメントは体内に原因がある口臭を抑えるものなのですが、にんにくを食べた後の口臭予防にも効果があります。体内に吸収されたアリシンに口臭サプリメントの消臭成分が働きかけることで、にんにくの口臭を抑えることができます。

口臭サプリメントは口臭予防のためのサプリメントなので消臭効果が高く、牛乳やりんごなどよりもしっかりと口臭を抑えることができるのがおすすめポイントです。

私もにんにく料理が大好きでよく食べるのですが、食後に口臭サプリメントを2〜3粒飲むことで翌日の口臭をしっかりと消すことができています。口臭サプリメントはにんにくを食べた後だけでなく、お酒を飲んだ時の口臭対策などにも効果的なので一袋家に常備しておくと良いでしょう。

価格も1袋(1ヶ月分、31回分)1000円〜2000円程度なので、リーズナブルかつしっかりと口臭対策ができるのでおすすめです。

当サイトでは口臭サプリメントを実際に使用して効果を商品ごとに比較しています。

⇒【効果で徹底比較】口臭サプリメントランキング!

口臭サプリメントを選ぶ際は参考にしてみて下さい。

にんにくを食べた後の口臭まとめ

にんにくを食べた翌日の口臭を消すおすすめ対策方法は以下の通りです。

  • 牛乳を飲む
  • りんごを食べる
  • お茶を飲む
  • 汗をかく
  • 口臭サプリメントを飲む

にんにくを食べた後の口臭は食べた量や体質の違いなどによって臭いの強さや表れ方が異なります。上記の対策方法を行ってもにんにくを食べた翌日の口臭を抑えることができない場合もあります。

ただ口臭対策をやるとやらないでは翌日の気持ちも違ってくると思いますので、大切な用事がある時はぜひこれらの対策を行ってみて下さい。

このページの先頭へ