おすすめ!タフトブラシは口臭予防に効果アリ!

タフトブラシは先端が丸く三角になった歯ブラシです。

タフトブラシ

タフトブラシは多くの歯医者さんに推奨されていたり、虫歯予防先進国のスウェーデンでも多くの人に愛用されています。実際に歯科医師と歯科衛生士の約90%がタフトブラシを患者さんにおすすめしているそうです。

そんなタフトブラシは何が良いのでしょうか?

それは通常の歯ブラシでは磨きにくい所(磨き残しが多い所)が磨きやすいということなんです。

通常の歯ブラシだけだと口内の汚れの約60%、歯間ブラシやデンタルフロスを併用しても約80%までしか掃除できていません。だから残りの約20%をできるだけ100%に近づけるようにタフトブラシでしっかりと掃除しましょう。

このページではタフトブラシが良いポイントから使い方まで紹介しています。タフトブラシを使ってみようかどうか迷っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

タフトブラシって何が良いの?

タフトブラシは通常の歯ブラシでは磨きにくい箇所を小さなヘッドでピンポイントで磨くことができます。だから通常の歯ブラシで歯磨きをした後でタフトブラシを使うとより磨き残しが少なくなります。

タフトブラシが効果を発揮するのは以下のような箇所です。

  • 奥歯の奥
  • 親知らず
  • 歯並びが悪い場所
  • 矯正装置の周り
  • 前歯の裏

タフトブラシの使い方

タフトブラシは軽い力で小刻みに動かして磨いていきましょう。

また持ち方としてはペンと同じように持つと無駄な力が入りにくく歯茎を傷つけずに磨くことができます。

ペングリップでタフトブラシをもっている状態

歯磨きの順番としては、

  1. 通常の歯ブラシ
  2. タフトブラシ
  3. 歯間ブラシ(デンタルフロス)

が良いでしょう。

特に先ほど紹介した通常の歯ブラシでは磨きにくい箇所や、舌で触ってザラザラしている箇所を重点的に磨くようにしましょう。

また歯と歯茎の境目は歯垢が溜まりやすく歯周病の原因にもなります。だからこちらの部分もタフトブラシで歯と歯茎の境目をなぞるように磨いていきましょう。

子供の歯にもタフトブラシがおすすめです。

子供の歯は小さいので子供用歯ブラシでも磨き残しが出やすいんです。また乳歯から永久歯に生え変わる段階の歯は大きさや高さが違うので通常の歯ブラシではとても磨きにくいんです。

そんな子供の歯にもおすすめなのがタフトブラシなんです。ヘッドが小さいので子供の歯でも細かな箇所までしっかりと磨くことができます。子供の仕上げ磨きにもぜひタフトブラシを使ってみて下さい。

タフトブラシはどこで買えるの?

タフトブラシはドラッグストアなどで手軽に購入することができます。また価格は1本だいたい200円程度です。

インターネット通販でも購入でき、Amazonや楽天などでは6本で1,000円くらいのお得なものもありました。

タフトブラシと口臭予防について

タフトブラシは口臭予防にも効果があります。

それは口臭の大きな原因の1つである歯周病予防にも効果があるからなんです。

口内の歯垢や歯石には歯周病菌が生息しています。そして歯周病菌が食べカスや粘膜細胞などを分解する際に口臭の原因になる悪臭ガスを発生させてしまいます。

そんな歯周病菌がたくさん生息する歯垢を掃除する力が高いタフトブラシなので口臭予防にも効果があるということなんです。

歯周病は進行するとキツい口臭だけでなく歯が抜け落ちてしまう大変怖い病気です。

口臭が気になる人や歯磨き時に出血が酷い人は歯周病の可能性があります。早めに1度歯科で診察してもらうようにしましょう。

⇒歯周病が原因の強烈な口臭を治す3つの方法

歯周病が気になる人はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

タフトブラシのまとめ

  • タフトブラシは通常の歯ブラシでは磨きにくい箇所をピンポイントで磨くことができる
  • 多くの歯科医師や歯科衛生士に推奨されている
  • ドラッグストアやインターネット通販などで1本200円くらいで購入できる
  • 子供の仕上げ磨き用にも最適
  • タフトブラシは口臭予防にも効果がある

このページの先頭へ