朝の口が臭い人の5つの口臭対策ポイント

目覚まし時計

朝の口が臭いって困りますよね。友達や恋人と旅行やお泊まりデートをした時などは朝寝起きの自分の口臭が気になって仕方がないという事もあると思います。

でも実は朝起きてすぐの口は誰だって臭いんです。

それは寝ている間は生理的に唾液の分泌量が減少するので、口内に細菌がたくさん繁殖してしまい、朝の口が臭くなってしまうからなんです。

だから朝の口臭は生理的な物だから気にしなくても大丈夫です!・・・とは言っても気になるものは気になりますし、何とか対策したいですよね?

しかも自分の朝の口の臭いが気になるという人は生理的な要因以外にも寝ている間に口臭をキツくさせてしまっている原因があるんです。

このページでは朝の口の臭いをさらにキツくさせる5つ原因と対策ポイントについて紹介しています。

最後までチェックしてもらえたらきっと、朝の口の臭いを改善できる糸口が見つかると思います。これで安心して友達や恋人と泊まりで遊びに行きましょう。

どうして朝の口は臭いの?

朝の口が臭くなってしまうのは唾液が大きく関わっています。

唾液には口の中の細菌を洗い流して口内を清潔に保つ働きがあります。起きている間は食べ物を噛んだりすることなどによって唾液はたくさん分泌されています。ところがこの唾液は寝ている間は分泌量が減少してしまうんです。

ということは寝ている間は唾液の量が減少するので口の中に細菌がたくさん繁殖してしまうということなんです。だから朝起きてすぐの口の中は細菌だらけになっているので口臭もキツくなってしまうんです。

朝の口の臭いを抑える5つの対策方法!

先ほど紹介したように朝の口臭発生メカニズムは唾液の減少による生理的なものなので誰だって多少は臭くなってしまいます。

でも明らかに朝起きた時の口が臭すぎるという人は何か原因があるはずです。

ここでは朝の口の臭いをキツくさせる5つの原因と対策方法について紹介します。もしあなたに当てはまる項目があれば改善してみて下さい。

1.お酒をたくさん飲む

ウイスキー

お酒には利尿作用があり体の水分をたくさん奪ってしまいます。これはアルコールを体が分解するのに水分が必要になるからなんです。

だから夜お酒を飲んで寝ると体内の水分が奪われてしまい、ただでさえ睡眠中は減少する唾液の分泌量がもっと減ってしまいます。これにより朝の口をとても臭い状態にしてしまいます。

お酒は飲み過ぎないようにするのが1番ですが、もし飲み過ぎた場合には飲んだお酒の倍くらいの量の水やお茶で水分補給するようにしましょう。

そうすることで体内の水分不足が解消されて朝の口の臭いも抑えることができます。

お酒を飲みすぎた時の口臭対策については「後悔しない!お酒を飲みすぎた後の臭い口臭を抑える方法!」でさらに詳しく紹介していますので参照してみて下さい。

2.タバコを吸う

灰皿

タバコに含まれているニコチンは歯周病を進行させてしまったり、ヤニは歯に付着して独特のクサい臭いを発します。

これによって朝の口をより臭い状態にしてしまいます。

タバコのヤニは歯磨きをしっかり行っていても徐々に歯の表面に溜まってくるものです。だから定期的に歯科で掃除してもらうと良いでしょう。

ただ1番良い方法は禁煙することなので、朝の口臭改善をきっかけにタバコを止めてみてはいかがでしょうか?

タバコと口臭については「タバコを吸った時のエグい口臭を抑える4つの方法!」で詳しく紹介していますので参照してみて下さい。

3.ストレスや心配事が多い

ストレスで倒れそうな人

ストレスや心配事が多い状態は唾液の減少を引き起こしてしまいます。これによって寝ている間の唾液も大きく減少させてしまうことから朝の口がより臭くなってしまいます。

ストレスや心配事は自律神経の働きを乱れさせてしまいます。自律神経の働きが乱れると体に色々な不具合が生じてしまいます。その1つに唾液の減少があります。

ストレスや心配事はその元となる事を解消、改善するのが一番大切です。

でも簡単には解消、改善できないという人も多いと思います。そんな人は自分なりのストレス解消方法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう。

またお風呂にゆっくりと入ったり、睡眠時間をたっぷりとる事もストレス解消には効果的ですので朝の口臭改善にもつながります。

ストレスが原因の口臭対策については「ストレスからくる口臭を完全に解消!私はこれで口臭を治しました!」で詳しく紹介していますので参照してみて下さい。

4.寝ている間に口で呼吸してしまっている

口で呼吸をしている女性

起きている時はきちんと鼻で呼吸をしている人でも寝ている間は口で呼吸してしまっている可能性があります。口で呼吸していると当然口の中が乾いてしまいます。

ただでさえ寝ている間は唾液の分泌量が減少しているのに、口で呼吸をしているとさらに乾いてしまい細菌がたくさん繁殖してしまいます。そうなると朝起きた時の口がより臭くなってしまいます。

口呼吸になる原因として鼻のつまりなどの鼻の病気が関わっているケースが多いので鼻水が出たりつまりやすいという人は耳鼻科で診てもらうようにしましょう。

5.歯磨きがしっかりと出来ていない

3本の歯ブラシ

最後に最も基本的な事ですが、意外と出来ていない人が多いという「歯磨き」についてです。

寝る前に必ず歯磨きをしていますか?また正しくきちんと歯を磨けていますか?

何度も繰り返しになりますが寝ている間は唾液が減るので口内の細菌にとってとても繁殖しやすい環境になります。だから寝る前の歯磨きがしっかりと出来ていないと寝ている間に大量の細菌が口の中に繁殖して朝の口が臭くなってしまいます。

寝る前は歯間ブラシも使いましょう

実は歯ブラシだけでは口の中の汚れの約5割くらいしか掃除できないんです。歯と歯の間など歯ブラシでは届かない場所が口内にはけっこうあるんです。

そこで通常の歯ブラシの後に歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って歯と歯の間を掃除することでより完璧に近く口内を掃除することができます。最低でも1日に1回は歯間ブラシやデンタルフロスも使用して口内ケアを行うようにしましょう。

朝の口の臭いを抑える歯磨き粉とは?

歯磨き粉はどのようなものを使っていますか?私は以前はドラッグストアなどで200円~300円程度で売られている歯磨き粉を使っていたのですが、口臭を改善する為に値段は少し高めですが口臭予防の効果を謳っている歯磨き粉を使用するようになりました。

少し高価な歯磨き粉には口臭改善の効果や歯周病予防に効果的な薬用成分なども含まれていて歯磨き後のスッキリ感が全然違いました。

またそれらの歯磨き粉を使うと朝起きた時の口の中の粘つきも以前より改善されて朝の口臭もかなり抑えられるようになりました。

朝の口の臭いで困っている人は一度薬用成分が含まれている少し高めの歯磨き粉を試してみてはいかがでしょうか?

私は初めてドラックストアで1000円弱の歯磨き粉(クリーンデンタル)を使ってからは、その違いに気づいて色んな歯磨き粉を試しています。

当サイトでは私が今までに試した朝の口臭に効果的な歯磨き粉を以下の記事で紹介しています。

⇒口臭予防におすすめの歯磨き粉ランキング!

朝の口臭をなんとかしたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

どうでしたか?最後に朝の口が臭い原因をまとめてみましょう。

寝ている間は唾液の量が減る為に口内に細菌が増えます。それによって朝の口が臭くなってしまいます。

寝ている間に唾液が減少するのは誰しもが起こる生理現象なのですが、いくつかの要因でさらに唾液の減少を引き起こしてしまい、より朝の口臭がきつくなってしまうということになります。

  • お酒をたくさん飲む
  • タバコを吸う
  • ストレスや心配事が多い
  • 寝ている間に口で呼吸をしてしまっている
  • 歯磨きがしっかりとできていない

上記の5つのポイントが寝ている間の唾液の量をさらに減少させてしまう要因です。

もし1つでも当てはまるという人は是非改善していきましょう。そうすることできっと朝の口の臭いを今よりも抑えることができると思います。

このページの先頭へ