蓄膿症は口臭の原因になります!正しい対策で口臭を改善しましょう。

鼻をかむ男性

蓄膿症と言えば最近ではオセロの松嶋尚美が緊急入院した病気なので、耳にする機会も多いのではないでしょうか?

蓄膿症は鼻の病気で、鼻の奥に膿が溜まってさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

そんな蓄膿症の症状の1つに口臭がきつくなるということがあります。

鼻の奥に溜まった膿の臭いが口から臭うので独特でくさい臭いになってしまいます。また膿の臭いは口からだけでなく鼻からも漏れて出てくるので鼻臭もきつくなります。

私の会社の同僚にも蓄膿症の人がいましたが、その人が近くにいると「●●さんがいる!」と直ぐに感じるくらい独特で嫌な臭いを発していました。

慢性的な鼻炎で口臭も気になるという人は蓄膿症を疑った方がよいかもしれません。

このページでは蓄膿症と口臭について詳しく紹介しています。

最後までお付き合い頂き蓄膿症と口臭で悩む生活からおさらばしましょう。

蓄膿症ってどんな病気?

女性の鼻

蓄膿症は鼻の奥にある副鼻腔が炎症を起こして膿が溜まった状態です。

始めは風邪や花粉症やカビなどによって鼻の入り口部分が炎症を起こすのですが、炎症が長期化すると鼻の奥の副鼻腔まで炎症が広がってしまいます。

さらに膿が出始めて慢性化(3ヶ月以上)すると蓄膿症になってしまいます。

蓄膿症の主な症状

  • 鼻が慢性的につまっている
  • 鼻水が黄色くドロッとしている
  • 頭が痛い、重い
  • 顔(目、鼻、口の周り)が痛い
  • 食べ物の味がしない
  • 変な臭いを感じる(口臭・鼻臭)

蓄膿症が長引くと慢性的に鼻がつまっているので、集中力が低下して仕事や勉強に影響がでたり、酸素を取り込む量が減少して疲れやすくなってしまいます。

また味や匂いがわからなくなる嗅覚障害が起こる可能性もあり、生活にも支障をきたしてしまう厄介な病気です。

蓄膿症の原因とは?

なぜ蓄膿症になってしまうのかというと何かしらの原因によって副鼻腔に細菌が入って炎症を起こしてしまうからです。

その副鼻腔に細菌が入ってしまう何かしらの原因にはいくつかあります。

  • 風邪
  • アレルギー性鼻炎・花粉症
  • 鼻のゆがみ

この3つが大きく蓄膿症を引き起こす原因です。

風邪やアレルギー性鼻炎や花粉症などによって鼻の入り口が炎症を起こして、その炎症が鼻の奥の副鼻腔まで広がって蓄膿症を引き起こしてしまいます。

特にアレルギー性鼻炎や花粉症は炎症が慢性的になり、長引くことが多いので、より蓄膿症を引き起こしやすいということがあります。

また鼻のゆがみについては、鼻の真ん中に左右を分けている鼻中隔という仕切りがあり、人の成長の過程で左右どちらかに歪みがでてくることがあります。

そうなると片側の鼻の通りが悪くなり鼻水などが詰まりやすくなり蓄膿症になりやすくなります。

その他の原因

蓄膿症を引き起こす原因で意外なものとして「虫歯」があります。

口の中の細菌が副鼻腔にまで進出して炎症を引き起こしてしまいます。

虫歯はきちんと治しておかないと、口の中のからの口臭の原因にもなりますし、蓄膿症からの口臭の原因にもなってしまうんですね。

蓄膿症と口臭について

女性の口

蓄膿症で口臭がきつくなってしまうのは膿の臭いが臭ってしまうからなんです。

その臭いは魚や生ゴミなどの生臭いにおいに近いんです。

想像するだけで強烈な臭いだということがわかりますね。

その臭いは鼻から臭うのはもちろんですが、口からの口臭としても臭ってしまいます。

さらに蓄膿症は膿の臭い以外にも口臭をきつくさせてしまう要因があります。

それは慢性的に鼻がつまった状態になるので、口で呼吸をするようになるからなんです。口で呼吸していると口の中の乾き(ドライマウス)を招いてしまいます。

口の中が乾いた状態というのは唾液が減少しているということです。唾液には口内の細菌の繁殖を抑える働きがあるので、唾液が減少すると口臭もきつくなってしまいます。

蓄膿症にはこの2つの口臭をきつくさせる要因があります。

蓄膿症の口臭対策とは?

耳鼻科の医者

鼻の奥に溜まった膿からの臭いは蓄膿症を治さなければ改善することができません。

まずは耳鼻科で診察してもらい薬を処方してもらうようにしましょう。

そしてドライマウスが原因の口臭は口内の細菌を減らすことで口臭を抑えることができます。

  • 水分をこまめに飲む
  • 歯磨き
  • マウスウオッシュ
  • 唾液の分泌を促す

これらを行うことで口内の細菌の繁殖を抑えて口臭を抑えることができます。

また唾液の分泌を促す為には

  • よく噛んで食事をする
  • ガムを噛む
  • 梅干し・レモンなどの酸っぱい食べ物を食べる

などの方法が効果的です。

蓄膿症の治療方法とは?

蓄膿症の治療にはある程度時間がかかってしまいます。

何回か病院に通うだけでは治すことができません。また症状や人によって治療期間が大きく異なります。だいたいですが半年~1年程度は完治するまでに時間がかかってしまいます。

具体的な治療方法としては

  • 病院で膿を吸引する
  • 薬を霧状にして口と鼻から吸入する(ネプライザー治療)
  • 炎症を抑える為に薬を服用する

などがあります。

昔は蓄膿症の治療で顔や口の中を切開して膿を出すという大掛かりな手術も行われていましたが、最近では重症の場合でも内視鏡を使った治療方法があるので、体への負担も少なく治せるようになってきています。

とは言っても蓄膿症は症状がひどくなる前に治す方が絶対に良いので、鼻に異変を感じたらなるべく早く病院で診察してもらいましょう。

このページの先頭へ