胃が臭い時の口臭の治し方とは?7つの改善ポイント!

【この記事は約 9 分で読めます。】

健康で口臭の原因にならない胃

自分の口臭は胃が臭いのが原因なのかも?と感じるととても不安になりますよね?

  • もしかして胃の病気かな?
  • すぐに病院に行った方がよいの?

口臭の原因の約8割は口内にあるのですが、残り約2割は体の中にあります。その2割の中でも特に胃には口臭の原因がある場合が多いので気をつけなければなりません。

胃の臭いからくる口臭は「胃の病気」「胃の不調」が考えられます。歯磨きをしても口臭が消えないという人は胃の臭いに原因がある可能性が高いので、正しい口臭対策で嫌なニオイをしっかりと治しましょう。

このページでは胃が臭い時の口臭の原因と治し方について詳しく紹介しています。

胃が臭い時の口臭を改善する糸口がきっと見つかると思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。

胃が臭い時に考えられる胃の病気とは?

口臭の原因にもなる病気の胃

口臭の原因になる胃の病気はいくつか考えられます。

まずは自分の症状に当てはまる病気がないかどうかチェックしてみて下さい。

① 胃炎

胃炎には「急性胃炎」「慢性胃炎」の2種類があります。

急性胃炎は辛い食べ物などの刺激物や、薬の服用、感染症などによって急に起こる胃炎で、慢性胃炎は生活習慣や食生活やストレスなどによって慢性的に胃の調子が悪くなる胃炎です。

胃炎の症状
急性胃炎
  • 急な胃の不快感や痛み
  • 胃のムカつきや嘔吐(吐血する場合もあります)
  • 食欲不振
慢性胃炎
  • いつも胃に不快感がある
  • 食後の腹痛
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 胸焼けや吐き気
胃炎と口臭の関係と治療方法

胃炎になると胃酸の分泌が抑えられてしまいます。

これにより食べた物が消化不良となってしまい、胃の中に長時間とどまってしまいます。すると胃の中に残された食べ物は異常発酵を起こして悪臭成分を発生させてしまいます。

この悪臭成分が口臭の原因になってしまいます。

胃炎は主に薬の服用で治療していきます。また生活習慣と食生活を改善して胃への負担を軽減することも大切な治療のポイントになります。

② 胃潰瘍

胃潰瘍は胃酸が胃を保護している胃粘膜を溶かしてしまい表面がただれたり崩れてしまう病気です。

胃潰瘍の主な原因としては以下のようなものがあります。

  • ストレス
  • ピロリ菌の感染
  • 飲酒、喫煙
  • 薬の服用

以前は男性に多くみられる病気でしたが最近では若い人や女性にも起こりやすくなっています。

胃潰瘍の症状
  • 食後にみぞおち辺りが痛くなる
  • 酸っぱいゲップ、胸やけ
  • ムカつき、嘔吐、食欲不振
  • 吐血
  • 下血
  • 背中の痛み
胃潰瘍と口臭の関係と治療方法

胃潰瘍になると胃粘膜がやられてしまっている為に胃が正常に働かなくなります。そのために消化不良を起こしやすくなり、食べ物が胃の中で異常発酵を起こして悪臭成分を発生させてしまうので口臭の原因になります。

胃潰瘍の治療方法としては最近では手術ではなく薬で治すケースが多くなっています。また生活習慣や食生活の改善も胃潰瘍の予防には重要になります。

⇒胃炎が原因の口臭についての詳細はこちら

③ 十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は胃と腸をつなぐ十二指腸で潰瘍が起こる病気です。

胃潰瘍と同じように胃酸が十二指腸の粘膜を溶かして、ただれたり崩れ落ちる潰瘍を起こしてしまいます。

十二指腸潰瘍も胃潰瘍と同じくストレスやピロリ菌などが原因で起こりますが、20代〜40代の比較的若い年代に多く発症するという特徴があります。

十二指腸潰瘍の症状
  • 空腹時の腹痛(みぞおち部分)
  • ムカつき、嘔吐、食欲不振
  • 下血
  • 吐血

十二指腸潰瘍の症状で胃潰瘍と異なるのは空腹時に腹痛が起こるという点です。食後ではなく空腹時や夜間にみぞおち辺りが痛む場合は十二指腸潰瘍の可能性が高くなります。

また十二指腸潰瘍も胃潰瘍と同じく食べた物が胃で消化不良を起こしてしまうために口臭の原因になってしまいます。

④ 逆流性食道炎

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流してくる病気です。胃酸は強い酸を含んでいるので、食道を傷つけて炎症を起こしてしまいます。

逆流性食道炎の症状
  • 胸やけ
  • 呑酸(酸っぱい液が口まで上がってくる)
  • 口内炎、喉の痛み
逆流性食道炎と口臭の関係と治療方法

胃酸は強い酸なので酸っぱい臭いがします。この胃酸が食道に逆流してくるので口臭がツンと鼻を刺すような刺激臭になってしまいます。

逆流性食道炎は主に薬で治療していきます。また逆流しやすい食べものを控えたり、逆流しにくい姿勢をとるなどの生活指導もあります。

⇒逆流性食道炎が原因の口臭についての詳細はこちら

口臭が胃からくる場合は病院へ行った方がよい?

医者

口臭の原因になる胃の病気の中には症状が進行すると手術が必要になる大変重篤な病気もあります。

もし胃の調子が悪いと感じる場合は少しでも早く病院で診察してもらいましょう。

胃の調子が悪い時は何科にいく?診察方法は?

胃の病気を診てくれるのは内科です。

そして胃の検査方法としては主に以下の3つです。

  • バリウム検査
  • 内視鏡検査(胃カメラ)
  • ピロリ菌検査

バリウム検査は健康診断で行っている人も多いと思いますが、内視鏡検査(胃カメラ)は受けたことがない人も多いともいます。

胃カメラについては

  • 辛そう
  • 苦しい
  • 怖い

このようなイメージを持っている人も多いと思います。

私も以前胃の調子が悪くて胃カメラを飲んだことがあります。

私の感想としては思ったよりも全然辛くありませんでした。

なぜなら麻酔をしてから胃カメラを飲んだからです。麻酔をすると意識が朦朧とした感じになり、胃カメラを喉に入れられてもそれほど苦しくありませんでした。

むしろお酒を飲みすぎた時に吐く時の方が全然辛いと感じました。

最近では胃カメラがとてもコンパクトになったことや、麻酔をしたり鼻から入れるなど、以前と比べると苦しい思いをすることなく検査が受けられるようになりました。

だから胃カメラにそこまで怖がらなくても大丈夫だと思います。

それよりもしっかりと胃の状態を診てもらうことの方が大切なので、まずは病院へ行くようにしましょう。

またピロリ菌は口臭の原因だけでなく胃の病気に大きく関わるものなので胃の調子が慢性的に悪い人は一度きちんと検査してもらいましょう。

胃と口臭はどのような関係があるの?

胃が原因の口臭には消化不良が大きく関わっています。

胃の調子が悪い時や、慢性胃炎、胃下垂などの病気になると、胃の働きが低下して消化不良を起こしてしまいます。消化不良になると胃の中で食べ物が消化されずに長時間残ってしまい異常発酵を起こしてしまいます。

胃の中で異常発酵を起こした食べ物からは、アンモニア臭などの強烈な悪臭ガスが発生してしまいます。そして胃の中に充満した悪臭ガスは胃の壁から血液に取り込まれて、血流に乗って体全身へ運ばれて行きます。そして肺にまで運ばれてくると気化されて、呼吸として口や鼻から漏れ出てしまいます。

胃の臭いで口臭が発生するメカニズム

胃のニオイが直接口から臭うことはない?

消化不良で胃の中に悪臭ガスが充満しているということは、悪臭が逆流して食道を通じて口や鼻から漏れて出てきそうですよね?

でも安心して下さい。胃の臭いが逆流して口や鼻から臭うということはほとんど無いんです。

消化不良で胃の中に悪臭ガスが充満しているということは、悪臭が逆流して食道を通じて口や鼻から漏れて出てきそうですよね?

胃の臭いは逆流しない

それは何故かというと、胃と食道の間にはとても高機能な蓋の役割をしている筋肉があり、普段は胃の臭いが漏れないようにピッタリと閉じているからなんです。この蓋は胃と食道の間の括約筋と横隔膜でできていて、食事の時は開いて食べ物を通しますが、それ以外の時はクサい臭いを漏らすことなくしっかりと閉じています。

ということは、どれだけクサい食べ物を食べても胃まで運ばれてしまえば直接口からニオイが漏れて出てくるということはないという事なんですね。

胃からくる口臭はどんな臭い?

胃からくる口臭の特徴としては

  • 卵が腐った臭い
  • ドブの臭い
  • 雑巾の臭い

主にこのような臭いに例えられます。

想像するだけでもかなりキツい臭いということがわかりますよね?

そして胃に原因がある口臭は大変キツくなりますので、1メートルくらい離れた距離で会話をしても臭ってしまいます。

また逆流性食道炎の場合は鼻を刺すような刺激臭となりこちらも相当キツい臭いになります。

胃からくる口臭をそのままにしておくと仕事など様々な面で周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性があるのでしっかりと口臭対策を行いましょう。

胃が臭い時の口臭を治す7つの習慣とは?

胃の病気は病院でしっかりと治してもらうことが大切ですが、胃はストレス食生活生活習慣などによって大きく調子を左右されますので、普段から胃に負担をかけない習慣を身に付けることで胃の病気を予防できますし口臭の予防にもつながります。

ここでは多くの人が普段の生活の中で胃に大きな負担をかけている改善すべき7つの習慣を紹介します。

1.お酒を飲み過ぎないようにする

ビール

お酒を毎日飲んだり、飲み過ぎたりすると胃に大きな負担がかかるので、胃の不調を招いてしまいます。

お酒は胃に刺激を与えてしまうので胃酸と胃粘液のバランスを崩してしまい胃粘膜が荒れてしまいます。特に空腹時の飲酒は胃に良くありません。

お酒を飲み過ぎないようすることと、週に2日はお酒を飲まない休肝日を設けるようにしましょう。

2.ご飯を食べ過ぎないようにする

大盛りのご飯

ご飯をたくさん食べると食べ物を消化するのに胃への負担が大きくなってしまいます。

  • 食事はお腹八分目くらいにしておく
  • よく噛んで食べ物を細かくしてから飲み込む

このようなポイントに気をつけて食事をすることで胃への負担を軽減することができます。

3.辛い料理、塩分の多い料理、脂肪が多い料理を控える

とうがらし

「辛い」「塩分が多い」「脂肪が多い(脂っこい)」このような料理は胃を刺激したり、消化するのに負担が大きくかかってしまいます。

胃の不調を感じたらできるだけこのような料理を控えて胃に優しい料理を食べるようにしましょう。

胃に優しい食べ物
  • 穀物(パン、お粥、うどん、にゅうめん)
  • 豆類(納豆、豆腐)
  • 果物(バナナ、りんご、桃)
  • 野菜(ほうれん草、じゃがいも、キャベツ、小松菜)

4.ストレスや心配事を減らす

ストレスを感じている胃

ストレスや心配事があると自律神経の働きが乱れてしまい、胃の働きも低下してしまいます。※自律神経とは胃などの内臓の働きを無意識のうちにコントロールしてくれている神経です。

ストレスが溜まっている時や心配事がある時は睡眠時間を長くとったり、お風呂にゆっくりと入るなど、できるだけリラックスするように心がけましょう。

5.喫煙(タバコ)を控える(禁煙する)

タバコ

タバコを吸うと胃酸の分泌が促されてしまい、胃の粘膜が傷つけられてしまいます。

また喫煙(タバコ)は胃からくる口臭の原因になりますが、タバコ特有のキツい口臭にもなりますので、口臭を気にしている人は頑張って禁煙しましょう。

6.睡眠時間をたっぷりと取る

睡眠不足

睡眠不足が続くと自律神経のバランスが乱れて、胃の働きが低下してしまいます。また食欲も減退することから胃の調子が悪くなってしまいます。

現代人は仕事や勉強などで睡眠時間が短くなる傾向がありますが、胃の健康の為にもできるだけ睡眠はしっかりと取るようにしましょう。

7.最低でも週に3〜4回は適度な運動を行う

運動不足

運動不足が続いていると胃の働きが低下してしまいます。適度な運動(ウォーキング、軽いジョギング、自転車など)で良いので定期的(週に3~4回程度、できれば毎日)に行うようにしましょう。

また運動はストレス解消の効果もありますので、ストレスによる胃の不調の改善にも効果的です。

胃が臭い時の口臭を少しでも早く治したい人は口臭サプリメントがおすすめです

口臭サプリメント

口臭を治す為には胃に負担をかけない生活をすることが大切なのですが、飲み会が続いたり、仕事でストレスが溜まったり睡眠不足になる事も多いと思ます。そんな時はどうしても胃の調子が悪くなり、口臭もきつくなってしまいます。また体質的に胃が弱いという人もいると思います。

そんな人におすすめなのが口臭サプリメントです。

口臭サプリメントは胃の中で発生した悪臭成分に直接作用して、消臭・無臭化する効果があります。さらに血液中に取り込まれてしまった悪臭成分にも消臭効果があるので胃の臭いが原因の口臭をしっかりと抑えることができます。

口臭サプリメントが胃で発生した悪臭成分に作用して消臭・無臭化

また口臭サプリメントは効果の持続力も高く、1日に数粒飲むだけで朝から夜まで1日中効果がしっかりと持続して口臭を抑えてくれます。

  • 胃が臭い時の口臭を早くなんとかしたい!
  • 毎日忙しくて胃に優しい生活ができない!

このような人はぜひ1度口臭サプリメントを試してみて下さい。

口臭サプリメントで1番効果の高かったおすすめ商品はブレスマイルです

胃が臭い時の口臭を抑えてくれるサプリメント「ブレスマイル」

私はこれまでに胃が臭い時の口臭を抑えるために10種類以上の口臭サプリメントを試してきました。

その中でも1番高い効果を実感できたのがブレスマイルでした。

私は胃が弱い体質に加えて、お酒をよく飲むことや仕事で忙しくて不規則な生活なので、胃の調子がすぐに悪くなり口臭も大変キツくなってしまいした。

家族からも「ドブみたいな臭い」とか「雑巾みたいな臭い」と言われていました。

そんな私の強烈な口臭をブレスマイルはかなりしっかりと抑えてくれました。

初めのうちは1日2粒、効果が出てきてからは1日に1粒飲むだけで1日中嫌な臭いを抑えることができて、口臭を全く気にすることなく過ごせるようになりました。

他の口臭サプリメントは臭いを完全には抑えられなかったり、持続性が弱いものもあったのですが、ブレスマイルは効果の高さも持続性も全く問題ありませんでした。

口臭サプリメントの使用前と後にブレスチェッカーで口臭を測定した結果

この写真は口臭サプリメントを飲んでいない時に夜10時に仕事から帰宅した時にブレスチェッカーで測定したものと(左)、ブレスマイルを飲み始めてから同時刻に測定したもの(右)です。

左はブレスマイルを飲む前で測定値は1番臭い5「非常に強い口臭を感じます」でしたが、ブレスマイルの効果が出はじめてからは、ほとんど毎日0「口臭は感じません」になりました。

胃が臭い時の口臭を少しでも早くなんとかしたいと悩んでいる人はぜひ一度ブレスマイルを試してみて下さい。

⇒ブレスマイルのもっと詳しい情報を公式サイトで見る

また当サイトではブレスマイルの体験レビューやその他のおすすめ口臭サプリメントも紹介していますので参考にしてみて下さい。

胃が臭い時の口臭のまとめ

胃が臭い時の口臭は胃の調子が悪くなっているか何かの病気になっている可能性が高いのでまずは病院で診てもらうことが大切です。

そして次に胃に負担をかけない生活習慣や食生活に改善しましょう。そうすることで胃からくる口臭を治すことができます。

胃が臭い時の口臭は大変キツいニオイになってしまいますので、周りの人に迷惑がかからないようにしっかりと対策を行いましょう。

また胃が臭い時の口臭を少しでも早く抑えたいという場合は口臭サプリメントを試してみて下さい。

口臭がなくなれば人と会話することが楽しくなって毎日が楽しくなると思いますので、諦めずに口臭対策を行いましょう。

このページの先頭へ